2017年6月12日月曜日

【CLIP STUDIO】アニメーション(gif)制作の覚え書き


ついにまばたきを習得しましたー!!
わー!!パチパチパチパチ!!

何度か挑戦しながら結局できてなかったCLIPSTUDIOでのgifアニメを作ることができたので覚え書き(/・ω・)/

基本的にはCLIPSTUDIOの公式ページ(https://howto.clip-studio.com/library/page/view/clipstudiopaint_hajimete_ugokuillust_01)を見ながら頑張った感じ。


①新規作成→動くイラストを作る
今回はプリセットされてる「アニメーションスタンプ×1(原寸)」で作成。
なので6fpsの2秒で12枚のセル数
多分、秒数/セル数/fpsは後でもいじれるんじゃないかと思う。確認してないけど。

②そしたらこんな感じの画面
タイムラインの表示は「ウィンドウ」から

最初、各レイヤーが各セルに割り当てられている。
下書きとかできないのは困るのでフォルダを12個作って、レイヤー消して、各セルにフォルダを割り当てなおす。


新しいレイヤー作ってもセルに割り当てないと表示されない。
っていうかポインタが通行止めマークになって描くことすらできない。(レイヤー非表示のときと同じ状態になる)

この作業めんどくさいから、今後何らかの効率化しようと思う。

③保存と書き出しはここです


.clip形式だとイラストのときと同様にレイヤー残した形式で保存できるので、途中経過を上書き保存しながらの作業がおすすめ。

完成品を一般的なファイル形式に変換するには、『ファイル』→『アニメーション書き出し』から好きな形式での書き出しができる。


ぱぱぱーっと流れはこんな感じ。
最初各セルにレイヤーが割り当てられてるのが使いづらいけど、フォルダ割り当てなおしてしまえば使いやすい。そこを効率化したい。
あと今はプリセットそのままだから、時間が均等割りになってるけど動きの速さに合わせて時間もいじっていきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿